古河市観光協会 こがナビ 西洋医学の先達 日本医学界の立役者

HOME >> 古河の偉人 >> 西洋医学の先達 日本医学界の立役者

西洋医学の先達 日本医学界の立役者

画像(500x375)・拡大画像(800x600)

河口信任旧居跡

河口信任(かわぐちしんにん)1736〜1811
 古河藩医。唐津城下に生まれる。(当時の土井家は唐津藩主)。長崎にて蘭方医学を学ぶ。 
 1770年、京都所司代についていた藩主土井利里の許可をうけ、京都で屍2体・首1級の解剖をおこない、その観察記録をもとに翌々年、解剖書「解屍編」を刊行する。


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST