古河市観光協会 こがナビ 伝統絵画から虚画まで個性派天才絵師

HOME >> 古河の偉人 >> 伝統絵画から虚画まで個性派天才絵師

伝統絵画から虚画まで個性派天才絵師

河鍋曉斎(かわなべきょうさい)1831〜1889
 幕末・明治の絵師。古河城下の商家に生まれる。幼くて父と江戸に移る。
 浮世絵・狩野派を学ぶ。デッサン力にとみ虚画・風刺画もよくする。英国人建築家コンデール(東京帝国大学教授)が門下生となり、ヨーロッパでも高い評価を得ている。大英博物館(イギリス)などで展覧会を開催。


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST