古河市観光協会 こがナビ 日本を代表する女流画家 高雅優腕な作風

HOME >> 古河の偉人 >> 日本を代表する女流画家 高雅優腕な作風

日本を代表する女流画家 高雅優腕な作風

奥原晴湖(おくはらせいこ)1837〜1913
 古河城下の藩士池田家に生まれる。早くから漢字の素養を身につけ関宿藩奥原家の養女となり、江戸で絵を学び上野に画塾を開く。木戸孝允・山内容堂らの後援をうける。 
 のち埼玉県熊谷に移り、女流南画家として独自のスタイルを確立。
 近年、鷹見泉石記念館の奥に、画室(繍水草堂)を熊谷市から復元移築しました。


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST