古河市観光協会 こがナビ 古河篆刻美術館

HOME >> 古河の文化施設 >> 古河篆刻美術館

古河篆刻美術館

画像(500x329)・拡大画像(800x527)

古河篆刻美術館

■駅から
約0.6Km 徒歩8分
■所在地
中央町2-4-18
TEL0280-22-5611
■開館時間
午前9時〜午後5時
( ただし入館は午後4時30分まで)
■料金
大人200円・子ども50円・団体150円
3館共通券(一般) 600円
(文学館・歴史博共通)
■休館日
国民の祝日の翌日(土・日を除く)・年末年始
館内整理日(毎月第4金曜日、ただし祝日を除く)
■ホームページ
http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/0000002556.html

画像(240x158)・拡大画像(800x527)

平成3年に日本で始めての篆刻専門の美術館として開館し、旧城下町の石町通りに面しています。大正9年に建築された3階建て石蔵を、当時の雰囲気を残して展示室に改修したものです。平成10年には、国の登録文化財に登録されました。篆刻は、印章から発展したもので、500年ほど前に中国におこりました。四書五経や漢詩などから語句を選び、篆書という二千数百年前の古文字を柔らかい石や木に刻み、朱色の印泥をつけて紙に押したものを鑑賞するものです。館内には、古河出身の故生井子華の遺作をはじめ、小林斗_・梅舒適・関正人ら日本を代表する現代作家および、日本や中国の歴史的作家の作品を常時展示しています。また学習室では、篆刻体験やビデオ鑑賞や篆刻関連図書の閲覧もできます。
●主なイベント
◆ 篆刻講座 (入門・初級・申込制)


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST