古河市観光協会 こがナビ 永井路子さん旧宅

HOME >> 古河の文化施設 >> 永井路子さん旧宅

永井路子さん旧宅

画像(500x375)・拡大画像(800x600)

■駅から
約0.8Km 徒歩9分
■所在地
中央町2-6-52
TEL0280-21-1129
■開館時間
午前9時〜午後5時
( ただし入館は午後4時30分まで)
■料金
無料
■休館日
国民の祝日の翌日(土・日を除く)・年末年始
館内整理日(毎月第4金曜日、ただし祝日を除く)

画像(240x180)・拡大画像(800x600)

直木賞作家、永井路子さんの旧宅を修復し一般公開しています。
 永井さんは東京生まれで、間もなく母親の郷里である古河へ移り、結婚するまでの約20年間を過ごしました。
 旧宅は江戸末期に建てられたもので、約93平方メートルの2階建土蔵造りの建物です。1950年代に永井家から別の所有者へ譲渡されたのですがその際、店蔵の南側部分にあった木造平屋建ての住宅約38平方メートル部分は取り壊されてしまいました。
 修復された旧宅には、永井さんの幼少期から青春時代の写真のほか、永井さんの経歴を紹介するパネルや作品などがあります。


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST