古河市観光協会 こがナビ 歴史のまちのふるさと案内人が無料でガイドします。

HOME >> てくてくツアー >> 歴史のまちのふるさと案内人が無料でガイドします。

歴史のまちのふるさと案内人が無料でガイドします。

観光ボランタリーガイド

画像(500x264)・拡大画像(717x379)

鎌倉時代から120年余にわたる古河公方時代を経て、江戸時代には徳川譜代大名の城下町であった古河は、日光奥州街道の要地として、代々小笠原・松平・奥平・永井・土井・堀田・本多などといった、老中格の大名が城主となり、栄えた町でもあります。

今もなお、公方ゆかりの寺社や江戸時代からの貴重な文化財などが市内のあちこちにあり、往時を偲ばせます。さて、史跡見学などで、多くの方々が古河市を訪れるようになってまいりましたが、このお客様のために、私たち「観光ボランタリーガイド」は、案内役を下記により無料でお引き受けいたします。

団体・個人を問わずこれに対応できるよう準備をし、お待ち申し上げておりますので、古河市においでの際はどうぞこの「観光ボランタリーガイド」をご利用ください。

動画で見る

ボランタリーガイドさんと町歩きをしている様子が動画で見られます。


お問い合せ
古河市観光協会 電話 0280-23-1266
ボランタリーガイド協会 電話 0280-30-3434(午前10時〜午後3時)

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST