古河市観光協会 こがナビ 高札場跡

HOME >> 古河の史跡 >> 高札場跡

高札場跡

■駅から
約0.3Km 徒歩4分
■所在地
本町2丁目5-30付近

街道を狹んで、足利銀行の前に若野屋呉服店というお店があり、その脇に「史跡高札場跡」の石碑が立っています。江戸時代、藩や幕府のおふれ書「高札」を立てた場所です。庶民が集まって高札を見ている往時の状景が目に浮ぶようです。


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST