古河市観光協会 こがナビ 古河藩使者取次所(御馳走番所跡)

HOME >> 古河の史跡 >> 古河藩使者取次所(御馳走番所跡)

古河藩使者取次所(御馳走番所跡)

■駅から
約0.6Km 徒歩8分
■所在地
中央町3丁目1-43

「高札場跡」より、200m程南に行くと信号があり、西へ入る道があります。この道は「肴町通り」といい、お城に通じていました。道沿いの米銀商店の片隅に、古河藩使者取次所(御馳走番所跡)の石碑が立っています。参勤交代や日光参詣で通行する大名が、古河城主に敬意を表すための挨拶役の使者を接待し、ご馳走をふるまう番所があったところです。


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST