古河市観光協会 こがナビ 奥原晴湖画室「繍水草堂」

HOME >> 古河の文化施設 >> 奥原晴湖画室「繍水草堂」

奥原晴湖画室「繍水草堂」

画像(500x331)・拡大画像(800x530)

奥原晴湖画室「繍水草堂」

■駅から
約1.2km 徒歩15分
■所在地
古河市中央町三丁目11番27号
TEL0280-22-5211
■開館時間
午前9時〜午後5時
( ただし入館は午後4時30分まで)
■入館料 無料
■休館日
国民の祝日の翌日(土・日を除く)・年末年始、
館内整理日(毎月第4金曜日、ただし祝日を除く)

明治の南画界を代表する古河生まれの女流画家、奥原晴湖の画室を移築し一般公開しております。

平成20年、故奥原ミチ子氏の遺志により、奥原晴湖画室の寄附申し入れがあり、歴史博物館南側に移築しました。昭和4年に古河へ移築されたのは、熊谷にあった画室の一部ですが、今回の移築工事にあたっては、すべてではありませんが、熊谷にあった当初のかたちをなるべく再現いたしました。庭石の一部に、古河城の礎石が再利用されています。

画像(500x168)
画像(500x331)

画室の床の間 昭和7年 土井利孝撮影


こちらもご覧ください(関連タグ) :

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST