古河市観光協会 こがナビ

HOME >> コガイドさん

文化施設

画像(138x138)

古代から現代までの古河の豊かな文化遺産が一堂に展示されている「古河歴史博物館」。日本で始めて篆刻専門の美術館として開館した「篆刻美術館」。古河市ゆかりの作家の肉筆原稿、絵本や絵画などが多数展示されている茨城県初の文学館「古河文学館」。美術分野における市民創作活動の発表の場として、また、先人の優れた作品の鑑賞の場として開館した「街角美術館」。古河市の名誉市民で直木賞作家の永井路子さんの旧宅を修復し再現した「永井路子さん旧宅」など多くの文化施設が楽しめます。


詳細を見る




こちらもご覧ください(関連タグ) :

  このページのみを表示させる

篆刻美術館から永井路子旧宅方面へ

画像(500x375)・拡大画像(800x600)

 文学館を出て左方向へ進むと、すぐに雪華模様がちりばめられた歩道になります。土井家11代藩主利位は、日本初の雪の結晶の研究者として知られ、「雪華図説」を刊行しました。上下巻合わせて183種収められています。この歩道は3種の模様を組み合わせたものといいます。雪華の歩道は第一小学校の敷地に沿って続き、敷地のはずれ、エンジュの木のところまで続きます。
 歴史博物館、鷹見泉石記念館、文学館を経てこのエンジュの木に至る道は周囲の景観もよく、散策するのに絶好のコースです。
 

画像(240x180)・拡大画像(800x600)

古河城追手(大手)門

標識にしたがいエンジュの木のところを左折し、小学校の正門を過ぎたらすぐに右の道に入ります。この道はウォーキングトレール事業で整備されたとか、歩きやすいとご好評いただいている道です。ほどなく江戸町通りに出ます。江戸町のいわれは、古河城追手(大手)門前から石町までの、一番賑わいを呈した区画で、江戸を思わせるという意味で江戸町と称したといいます。

左角が、市民のためのギャラリー街角美術館、右角一軒おいて隣が篆刻美術館です。篆刻専門の美術館は日本でただひとつなのでのぞいてみましょう。
 篆刻美術館を出て左へ、信号機を過ぎるとすぐ左側に永井路子旧宅があります。歴史小説の第一人者永井路子先生が、幼少時代から青春時代を過ごしたという建物の一部が修復公開されています。時にお茶の接待などもしてくれます。


画像(500x329)・拡大画像(800x527)

篆刻美術館

平成3年に日本で始めての篆刻専門の美術館として開館し、旧城下町の石町通りに面しています。
館内には、古河出身の故生井子華の遺作をはじめ、小林斗_・梅舒適・関正人ら日本を代表する現代作家および、日本や中国の歴史的作家の作品を常時展示しています。

詳しくはこちら

画像(500x375)・拡大画像(800x600)

永井路子旧宅

直木賞作家、永井路子さんの旧宅を修復し一般公開しています。
修復された旧宅には、永井さんの幼少期から青春時代の写真のほか、永井さんの経歴を紹介するパネルや作品などがあります。

詳しくはこちら



  このページのみを表示させる

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST