古河市観光協会 こがナビ

選択されているタグ : 

弁財天

タグを絞り込む :

HOME >> 古河七福神めぐり

大聖院【弁財天】

画像(500x375)・拡大画像(600x450)
画像(240x240)

弁財天
山門前の左手の三王宮は、古河で最も古い社といわれています。現在は観音・地蔵・弁天が合祀されており、神仏混交の名残であります。

詳細を見る


こちらもご覧ください(関連タグ) :

  このページのみを表示させる

正定寺【弁財天】

画像(500x375)・拡大画像(600x450)
画像(240x240)

弁財天
春日局が将軍家光から拝領したものを、古河城主だった養子の堀田正俊にゆずり、正俊が弁天堂を建て正定寺に奉納したといわれています。写真のみの展示となっています。

詳細を見る


こちらもご覧ください(関連タグ) :

  このページのみを表示させる

徳星寺【弁財天】

画像(500x375)・拡大画像(600x450)
画像(240x240)

弁財天
建治元年(1275)創建。古河城内に開山後、鴻巣へ移り、その後現在地に移りました。境内には千手観音堂(安産・子育てにご利益)や、太師堂などがあります。

詳細を見る


こちらもご覧ください(関連タグ) :

  このページのみを表示させる

ページのトップへ ページのトップへ

古河は茨城の小京都と呼ばれ古くは万葉集にも登場、河川交通の要所として、江戸時代には譜代大名の城下町、日光街道の宿場町として栄えてきました。
古河公方公園(古河総合公園)では、約1500本の桃の花が美しく咲きそろう「桃まつり」が開催されます。
All rights reserved (c) 古河市観光協会 | Produced by e-NAQUEST